アラン模様のウエアと小もの

2018.09.25


『アラン模様のウエアと小もの』(日本ヴォーグ社)
デザインさせて頂きました。
スタイリストの串尾さんが
背景にニュアンスのある布を吊るすという
アイディアを出してくださり、
そこから画家のアトリエというテーマが生まれ
果物やパンのイミテーションや
壺などの静物が小物としてときどき登場し…
あとはもう、実際に本をご覧ください。
永遠の定番・アラン模様。
いつかチャレンジしたいなぁ、まずは帽子からかな。
モデルの横田美憧さん、初めてご一緒したのですが
ほどよく力の抜けた、モデル然としていないしぐさが
自然とできてしまう、魅力的な佇まいの方でした。
様々な媒体に引っ張りだこなのもうなずけます。

私の、ブラウス プルオーバー

2018.09.19

『私の、ブラウスプルオーバー』(香田あおい著/日本ヴォーグ社)
デザインさせて頂きました。
何度着ても飽きのこなさそうな、
シンプルで着やすいブラウスとプルオーバーの
作り方が紹介されています。
これからの季節、さらっと1枚で着るのにちょうど良さそう。
モデルはカイノユウさん。
彼女は私と同じ静岡市出身。
「カイノは海野(うんの)なんです」と教えてくれました。
「海野」は静岡だとクラスにたいてい一人はいる苗字で
懐かしくなりました。

季節の消しゴム版画練習帖

2018.09.04

書籍のデザインさせていただきました。
どんな小さなサイズでも隅々まで美しい作品の数々。
一見、繊細で難しそうですが、
初心者向けのミニサイズの作品も
たくさん掲載されていますのでご安心ください。
特に植物や鳥モチーフが素敵です。
また、幾何学模様の小さな版画は
いろんな場面で使えそうです。

cinema4

なんとも久しぶりの更新。
でもほとんど見ている人もいないかと思うと気楽です。
「いいね」のない場所。

その後の映画鑑賞ですが『ファントム・スレッド』は結局観れず。
とりあえず『万引き家族』。
そして話題の『カメラを止めるな』
ちょっと無理して観に行ってきた。
新宿の大きな映画館で観たのですが、
こう言った作品が大きなスクリーンで
1日に何度もかかるということ、
そしてどの回もほぼ満席だということが
しみじみ素敵だなぁと思いました。

掲載誌

2018.06.22

心地いい毎日を作る 私の収納術』(宝島社)というムックに
自宅の取材記事が掲載されました。
なんと、表紙にも写真が使われています。
収納は大好きなテーマなので、
依頼を頂いてうれしかったです。

私が心がけているのは、物があふれてきたなーというときに
棚や収納ボックスなどをすぐに買わないこと。
まずは物を減らすことが最優先。
引き出しの中で使う小さな収納グッズも簡単に買わない。
実際使ってみて使いにくかったら悲劇です。
よーく考えに考えて、どうしても必要だったら
購入するようにしています。