白い糸で編むセーターの本

2018.10.30

『白い糸で編むセーターの本』(サイチカ/文化出版局)
デザインさせて頂きました。
掲載されているのは、ぜーんぶ白い糸で編まれたニットです。
真っ白いスタジオ、合わせる洋服や小道具も白、メイクも白!
細いカシミヤ糸で編まれたタンクトップの上に
同じ地模様のセーターを重ね着、とか
大きなポケットのついたニットのエプロンとか、
細かいメリヤス編みをひたすら編んでいくシンプルで美しいストールとか
この上なく可愛らしい作品の数々。
写真も楽しい感じになっていますのでぜひご覧ください。
スタジオでスタイリストの田中美和子さんが
紙粘土をこねこねし出したときはちょっと感動しました。

キッズのヘアカタログ

2018.10.26

『キッズのヘアカタログ』(apish/女性モード社)
デザインさせていただきました。
普段使いの、そして七五三や特別な日の子どものヘアスタイルおよび
その技術解説が掲載された、プロ向けのカタログです。
ひと時たりともじっとしていない
小さな子のヘアスタイル撮影、本当に苦労されただろうなと思います。
美容室でもし見つけたら、ぜひご覧ください。
表紙と中扉の切り絵イラストは堀口尚子さん。

アラン模様のウエアと小もの

2018.09.25


『アラン模様のウエアと小もの』(日本ヴォーグ社)
デザインさせて頂きました。
スタイリストの串尾さんが
背景にニュアンスのある布を吊るすという
アイディアを出してくださり、
そこから画家のアトリエというテーマが生まれ
果物やパンのイミテーションや
壺などの静物が小物としてときどき登場し…
あとはもう、実際に本をご覧ください。
永遠の定番・アラン模様。
いつかチャレンジしたいなぁ、まずは帽子からかな。
モデルの横田美憧さん、初めてご一緒したのですが
ほどよく力の抜けた、モデル然としていないしぐさが
自然とできてしまう、魅力的な佇まいの方でした。
様々な媒体に引っ張りだこなのもうなずけます。

私の、ブラウス プルオーバー

2018.09.19

『私の、ブラウスプルオーバー』(香田あおい著/日本ヴォーグ社)
デザインさせて頂きました。
何度着ても飽きのこなさそうな、
シンプルで着やすいブラウスとプルオーバーの
作り方が紹介されています。
これからの季節、さらっと1枚で着るのにちょうど良さそう。
モデルはカイノユウさん。
彼女は私と同じ静岡市出身。
「カイノは海野(うんの)なんです」と教えてくれました。
「海野」は静岡だとクラスにたいてい一人はいる苗字で
懐かしくなりました。

季節の消しゴム版画練習帖

2018.09.04

書籍のデザインさせていただきました。
どんな小さなサイズでも隅々まで美しい作品の数々。
一見、繊細で難しそうですが、
初心者向けのミニサイズの作品も
たくさん掲載されていますのでご安心ください。
特に植物や鳥モチーフが素敵です。
また、幾何学模様の小さな版画は
いろんな場面で使えそうです。